糖尿病の種類は4つあります

糖尿病は、主に4つのタイプに分けることができます。

『Ⅰ型』、『Ⅱ型』、『遺伝子異常や他の病気、薬品が原因のもの』、『妊娠型』の4つです。

特に研究も盛んで、今も新薬などが開発されているのが『Ⅱ型』だということです。

ちなみに『Ⅰ型』は遺伝子異常やその方の環境などが原因と言われていますが、実はまだはっきりと解明されていないそうです。

日本人の実に95パーセントの糖尿病患者は『Ⅱ型』だそうです。

主な原因は生活習慣にあるとされていますが、周りの環境からのストレスや加齢、栄養過多などでも発症することが少なからずあるそうです。

『Ⅱ型』の原因は「これだ」

というようなはっきりしたものはなく、さまざまなものが原因とされています。

病気を発症するメカニズムなどは解ってきていますが、個人個人で発症の仕方も糖尿病による合併症も病気自体の症状もさまざまなので、これで大丈夫という方法はなく画一的な治療はできません。

そういう意味では、とても厄介な病気であると言えます。

4つのタイプのうち『Ⅰ型』や『Ⅱ型』は自身の環境や自身の遺伝子異常などが原因の場合がほとんどです。

しかし『他の病気や薬品が原因のもの』と『妊娠型』は少し違います。

『他の病気が起因』して起こるものは、主に膵臓や腎臓の病気、肝臓の病気を持っている方が発症することが多いそうです。

これらの病気は糖尿病を発症してから合併症として現れてくるものも多く、関係性が強いと言われています。

また『薬品が原因』で発症するものは特定の薬剤により、血液中の糖分がエネルギーとして使われなくなる高血糖症状が発現するのが原因となり、糖尿病を発症するということです。

そして『妊娠型』の場合は、妊娠をきっかけに血糖が高いなどの症状が現れ、そのために初めて病気が発見された場合に呼ばれます。

『妊娠型』は放っておくと早産の可能性が高まったり、新生児ダウン症の確率が高まったり、新生児に『妊娠型』の合併症が現れたりする可能性が高い、など大変リスクが高くなる糖尿病と言われています。