糖尿病とその症状、なりやすい人の特徴

生活習慣病のひとつであり、今では『国民病』と言われ、生活習慣の悪さが積もり積もって発病することが多い糖尿病は、今までは大人だけの病気と思われていましたが、最近では子どもの患者が増加している傾向が見られるそうです。

よく知られている症状は、今まで感じたことがないほどの喉の渇きや体重が急激に減ってしまう、尿が泡立つなどが挙げられます。

ただし、これらの症状は見逃しやすかったり環境などによって勘違いされたりしやすく、また病気にかかった初期のころは痛みやかゆみなどといった自覚できるような身体の異常もほとんどないため、この時期から治療を始めることはほとんどありません。

そのため、よく知られている症状が出始めて異常を自覚できるころには糖尿病がある程度の段階まで進行していることが多いそうです。

またストレスを受けやすい方やストレスが多い環境に身を置いている方、20歳のころより体重が10kg以上増えている、甘い食べ物・飲み物が好きな方も糖尿病に注意が必要です。

一見まったく関係なさそうな生活習慣や生活習慣に関わる病気の症状も、この病気の原因として考えられています。

生活習慣では喫煙している、早食いで一回につき10分以内に食べ終わってしまう、生活習慣に関わる病気の症状としては歯周病であることが挙げられています。

特に歯周病は病気の症状が進行していくメカニズムがとても似ているという情報があり、糖尿病にかかっている患者のほとんどが歯周病にもかかっているという報告があるそうです。

また自身が40歳以上である、自身の両親や兄弟姉妹が糖尿病にかかっている、あるいはかかっていた方がいる場合も遺伝的観点から同じ病気にかかりやすいと言われていますので、身内にそのような病気をもっている方は注意が必要ということになります。

そして1週間に一度は深酒してしまう方、野菜嫌いだったり食事の時に野菜を一緒に摂らなかったりする方なども糖尿病になるリスクが大変高いと言われています。

このような情報を提供してくれるサイトがこちらです。

早期発見!糖尿病の症状を知っていますか?